サイトメニュー

色んな活用方法がある

顔に触れる女性

狙った筋肉だけに作用

雑誌の付録にも美容ローラーが付くほど、今は美顔や小顔が人気ですが、顔は各種アイテムを駆使してもそう簡単に小さくなりません。そして、セルフケアでは満足できない人々に利用されているのが、小顔治療のボトックスエラ注射です。この整形治療を受けられる方には、顔を小さくするという主目的のほか、スタイルを良く見せたいという具体的な希望をお持ちの方も少なくありません。顔の面積が広ければ、それだけ体重も実際より重く見えるので、その改善のためにボトックスエラ注射を活用されています。顔が小さくなれば素敵なヘアスタイルを色々楽しめるようになり、髪型にバリエーションが出れば、着こなせるファッションも増えるなど、連鎖的にメリットが得られるのです。一方、ボトックスエラ注射には、目を大きく見せるという意外な活用方法があります。もちろん物理的に目を大きくする訳ではありませんが、顔の面積が小さくなれば、相対的に目が大きく見えるといった錯覚を狙った方法です。目尻の切開治療と違って目はノータッチですので、ボトックスエラ注射は手軽に受けられる代用策にもなっています。美容エステでも小顔施術は提供されていますが、美容整形外科のボトックスエラ注射は、フェイシャルマッサージとは異なるアプローチで小顔にしてくれます。エステティシャンの小顔施術は、主にリンパマッサージなどを行い、老廃物やむくみを改善して小顔にしていくのです。一方、ボトックスエラ注射では、奥歯に力を入れる時に使う筋肉を細くして、小顔にしていきます。顔が大きい原因は人により様々ですが、奥歯を噛みしめる時に使う筋肉が肥大していることも多いのです。この筋肉は咀嚼や歯ぎしりなどで増大していきますから、この部分を改善しない限り、満足できる小顔効果が望めません。しかも、物を食べる時にこの筋肉だけ使わないようにすることはできないため、美容エステの施術を含め、自力では対処できないのです。しかし、ボトックスエラ注射ならそれが可能で、筋肉に力が入らなくなる薬を打ちますので、狙った筋肉の動きだけを止められます。これは美容エステとは全く違う作用機序ですから、医療機関でなければ実現できない小顔施術です。

Copyright© 2018 ボトックス治療の効果で悩みを解消しよう【エラを目立たなくできる】 All Rights Reserved.